東京六大学サイト[ロク.ユー]

東京六大学 [ ロク.ユー ] トップページ  >  お役立ちHow To - 引越番長 -

お役立ちHow To -引越番長-

 初めての引越し、賃貸暮らしの人も、スムーズな引越しのために、事前準備を万全に挑もう。賃貸暮らしの人は、1ヶ月前に現住居の家主または入居時仲介業者に退去の連絡。

引越2週間前
引越会社を決めよう
混み合う3月、4月は避ける。数社に見積もりを出してもらい、最適な会社に決めよう。自分で引越をする場合は友人などに連絡し手伝ってもらえるか、人員を確保。普通免許があればレンタカーでの引越も可能だ。また、近場の引越、荷物が少ない引越であれば、赤帽なども利用できる。
不用品は処分
引越の前に不用品は処分してしまおう。引越会社での処分も可能だが、リサイクル、粗大ゴミなどで、新居にいらいないものは処分してしまおう。時間に余裕がある人は、ネットオークションやフリーマッケットに出品してしまうのも一つの手段だ。新居に持っていくものはなるべく減らして引越代を節約しよう。
公共料金の利用停止
電気会社、ガス会社、水道会社へ連絡。公共料金の明細書に書いてある営業所に連絡をしよう。使用停止の希望日を伝えること。また、今ならインターネットでの利用停止や利用開始希望日も決められることもできるので、こちも可能ならば利用してみよう。
インターネットの手続き
今やなくてはならない程になったインターネット。プロバイダによってサービスがさまざまだが、新居に入居したときに、すぐ利用できるように、解約手続きを速やかに行い、新居の方で工事が必要ならば、工事日の申込みもしてしまおう。
引越資材の確保
引越会社にお願いしたならば、ダンボールやガムテープなどは用意してくれるであろう。しかし、自力で行う場合は近くのコンビニ、スーパー、家電量販店などに行きダンボールなどを頂いて来よう。また、包装に必要な新聞紙、紐、ガムテープなども準備しておこう。なるべく多めに用意するのがポイントだ、余った場合はゴミとして処分しよう。